趣味がないという女のおもちゃになってあげた

趣味がないという女のおもちゃになってあげた

MENU

パパ活女子に出会ってムカついたので騙して酔わせて生中やり捨て

「岐阜県大垣市 31歳 アパレル関係 男性 S.K」

 

趣味がないという女のおもちゃになってあげた

 

この前、「メールほしいの岐阜県エリア」で女の子をゲットできたから、ちょっと書いてみますね。

 

その子はひと言でいうと寂しい感じの女の子でした。僕の経験からいって、このタイプの子は食いやすいです。それは弱っているからです。

 

そういう子には、男がつけ込める隙があります。また、女の子のほうも、わざとそういう隙を作ってる子がいます。

 

いかにもヤリヤリですぐヤレそうな子よりも、おとなしそうで何でこんな子が出会い系やってるのって言う子のほうが、ヤリマンだったりします

 

だから女の子は見かけではわかりません。普通の女の子もそうですが、特に出会い系の子はその傾向が強いように感じます

 

こんなおとなしい顔してチンポしゃぶるの?こんな大声で喘ぎまくるの?なんてことが結構あるんですよ。

 

こういうことが続くと人間不信になりそうですが、まあそんな子に会えるのも出会い系の楽しみだったりします。ゆかりもそんな女の子でした。

 

彼女は26歳で、「どんな男と付き合ってきたの?」と聞いたら「普通の男」と答えたけど、ゆかりの言う普通の男はきっと普通じゃないと思います。

 

だって、ゆかりが普通じゃないから。そんな彼女が普通だというなら、もうすでに普通じゃないって思いますよ。

 

ゆかりみたいな子は、ちょっと優しい言葉を囁かれたらコロッといってしまいます。

 

心にポッカリ穴が開いて満たされないから、そこにうまく取り入ってくる男がいたら、簡単にセックスされちゃいます。

 

ゆかりはどうも、そういう男にやられてきたみたいです。でも本人は気づかないんですよ。

 

こんな女の子は一生不幸だろうなって思いますね。普通は、付き合ってもしばらくすると別れるから、たとえ変な男でもまだいいかもしれません。

 

でも、そのうちゆかりも結婚するでしょう。そのとき、ゆかりが選ぶ男はやはり彼女の目にかなった「普通の男」だから、それは普通の男ではないんですよね。

 

きっとそんな男を選んで一生振り回されるんだろうなって思います。

 

ゆかりはきっと結婚しても出会い系をやるでしょうね。僕はそういうタイプの子だと思いました。

 

つまり、今度は出会い系の人妻ジャンルでデビューするわけです。そうやって、心の穴を埋めてくれる男に抱かれ続けるのでしょうね。

 

そうなると、彼女のおかげでいい思いができる男もたくさん出てきます。ちょうど僕みたいに。それはとてもうれしいことですけどね。

 

みなさんも出会い系をやると、寂しがり屋の女の子を狙うとセックスできる確率が高いですよ。

 

でも、寂しがり屋の子はどうやって探せばいいのかと聞かれると、僕もうまく答えられないですけどね。

 

「ははあ、この子はさみしいんだな」と、何となく感じるだけですから。しかも、会って話してみないとわからない。

 

出会い系は会うまでがひと苦労だから、会ってみて寂しがり屋の子だったらラッキーってとこかな。

 

会えるところまでこぎつけて、その子が寂しがり屋の子だったら、それはもう偶然に近い確率だから、運まかせですね。

 

でも、僕がこれまでに食えた女の子は、振り返ってみるとみんな寂しがり屋の子だったから、逆に言うと寂しがり屋の子でないと落とすのは難しいってことです。

 

出会い系に限らず、寂しがり屋の子を落とすには心理学を勉強するといいですよ。女の子に小さい頃のことを聞いてみるといいんですよ。

 

親との関係とか、兄弟との関係とか。必ず何か引っかかるものが出てきますから。

 

親にこんなことを言われたのが今だに悔しいとか、お兄ちゃんにこう言われて腹が立ったとか、そういうことがひとつもない人はいません。

 

でも、普段はそんなことをなど考えていないから、そこをあらためて聞かれると、女の子は「えっ」て思います。

 

そして、「そのことが傷になってるんだね」などと言ってあげると、「ああ、この人ならわかってくれる」とか、「この人なら私を救ってくれるかも」なんて思い始めます

 

それはほとんどの場合勘違いなんですけどね(笑)

 

でもこっちにとっては好都合ですよ。信頼を寄せてきた女の子の服を脱がせるのは、そんなに難しくないですから。

 

ゆかりもこんなふうにして、簡単に裸にできた女の子の一人です。

 

趣味がないという女のおもちゃになってあげた

 

僕は何人かの女の子にメールした結果、途中からゆかりだけに絞り込んで狙いをつけました。この子は確実に落とせるという気がしたからです。

 

狙いをつける前は、なぜかゆかりからの返信は来たり来なかったりだったのですが、狙いを定めるとしっかり返信が返ってくるようになりました

 

なんか不思議な感じでしたよ。だって、ゆかりは僕が彼女に狙いを定めたなんて知らないわけですからね。

 

でも、会ってから聞いてみると、途中から僕のメールの内容が変わってきたそうです。

 

「メールから真剣な気持ちが伝わってくるから、私もちゃんと返信しなくちゃ」という気になったのだそうです。

 

たぶんそれは、僕がゆかりに狙いを定めた頃なのでしょうね。ゆかりとは琵琶湖に行くドライブデートの約束をしました。

 

約束の日、待ち合わせした大垣駅北口ロータリーに行ってみると、赤いリュックを背負った女の子が立っていました。

 

僕の車が赤い色だと言うと、「じゃあ私も赤のリュックで行く」と言ってくれたので、かわいい子だなと思いました。

 

会ってみると、ゆかりは中肉中背で髪はショートカットの、どこにでもいる普通の女の子でした。

 

こんな普通の子が、出会い系で初めて会った男に抱かれるのですから、ちょっと複雑な気持ちです。

 

だって、僕が過去に付き合った女の子とかこれから付き合う子、それに将来の嫁さんも、もしかしてそんな子だったら嫌ですからね。

 

出会い系で人の女を食っといて、こんなこと言うのはいけないでしょうか?でも、これが出会い系をやってる男の本音でしょうね。

 

それはともかく、ゆかりが助手席に乗ってくると、殺風景だった車内が急に華やかになりました。

 

それになんかいい匂いがします。その匂いを嗅いだ途端、僕の股間がピクリと反応してきました。

 

僕はそれを悟られないように、ゆっくり車を発進させます。名神高速道路に沿って一般道を走れば、琵琶湖まで一本道です。

 

道路は空いていたので、車はほぼノンストップで目的地に向かっていきました。

 

「お腹空いてない?」

 

ゆかりに聞くと、「ちょっと空いたかな」と言うので、醒ヶ井駅近くの和食レストランで食事をしました。

 

「おいしいね」と言ってトンカツを食べながら、僕はゆかりの体を観察しました。

 

おっぱいは小ぶりだけど、きれいなお椀型で柔らかそうです。ゆかりは小柄なだけでなく、抱きしめると骨が折れそうな華奢な感じでした。

 

僕はそういう子が好きなので、まさにゆかりは僕にピッタリの獲物でした。車に戻って走り出すと、すぐに琵琶湖が見えてきました。

 

「わあーきれいねー」

 

ゆかりはまるで子供のように、顔を窓ガラスにくっつけて外を見ています。ゆかりの背中を見ると、白いブラウス越しにブラジャーのひもがクッキリ見えました。

 

それに、無防備に僕に向けられたまんまるのお尻。それを見ていたら急にたまらなくなり、僕はハンドルを切って山のほうに向かいました。

 

ゆかりが窓から顔を戻して「どこに行くの?」という表情をしています。僕は黙って車を走らせ、途中で脇に入って停車しました。

 

「こんなところで何するの?」

 

僕は黙ってゆかりの腕をつかみました。

 

「いやあ、離してっ」
「静かにしないとここで降ろすぞ」

 

するとゆかりはおとなしくなりました。助手席のシートを倒して挿入すると、ゆかりは唇をかみしめていました

 

「あう…は、早く終わって、誰か来ちゃう!」

 

ゆかりが僕の背中をバンバンたたきます。言われなくてもそうするつもりです。山の中といっても近くに民家もあるみたいだし、車も通ります。

 

「あうっ、出るっ」
「あっ、あっ、いやっ、いたい!」

 

僕は激しくペニスを突き入れて射精しました。僕は今でもゆかりと会っています

 

「メールほしいの」で1通のメールから始まる出会い!

 

趣味がないという女のおもちゃになってあげた

 

メールほしいので婚活、恋活!

↓↓↓↓↓